検索
  • akahori6

どういった状況で休職できるのか?

更新日:2月5日



クリニックで診察をしていると、仕事に疲れ、ストレスに耐えられなくなって病院を受診される方が非常に多くいらっしゃいます。


ベストなタイミングで受診される方もたまにいらっしゃるのですが、もっと早くに病院を受診したらよかったのに、というような患者さんも多いです。


どういった状況だと、客観的にみて休職して良いのか、について書いてみます。


うつ病、適応障害と診断されるには、以下のような症状が必要です。

1:集中力減退

2:意欲低下

3:食欲低下

4:希死念慮


大雑把に言うと、4の症状がある人は重症、4の症状がない人は重症まではいきません。


1〜3の症状があれば、適応障害と診断される可能性が高いですから、早めに病院を受診した方がいいです。


心療内科・精神科を受診したらどんな風に診断される?


心療内科に行ったことがない人はあまりイメージがつかないかもしれません。

心療内科に行くと、医師が診察をするわけですが、心療内科の医師にも何通りか種類があって、①話を親身に聞いてくれるタイプ、②薬だけ処方してすぐに診察が終わるタイプがあります。

どちらのタイプの医師なのかは、実際に行ってみないと分かりません。

口コミなども参考にして、ここなら安心して受診できそう、というクリニックに受診しましょう。

58回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

培養上清液点滴について

そもそも培養上清液とはなにか? 培養上清液とは、ヒトの幹細胞を培養した際の上澄み液を抽出したものを指します。 そこには、様々なサイトカイン・ケモカインが含まれており、時には500種類以上のペプチドが含まれることもあります(培養条件により、数値は変動いたします) 培養上清液にはどういった効果があるのか? 培養上清液の効果としては、以下のようなものがあると言われています。 皮膚の再生速度を整える 皮膚

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。 2020年はコロナの一年でした。 コロナで自宅にいる時間が増え、気軽に運動などストレス発散ができなくなった人も多いかと思います。 家族間の不和が増えた、仕事での意思疎通が上手く図れない、といった悩みを一人で抱え込んでいませんか? 心理学からのアプローチ、精神医学からのアプローチで、思考を整理し、ポジティブに考えることができるようになります。 本年度もよろしくお願い