検索
  • akahori6

やる気を出すためにはどうしたらいいか



やる気は脳内のセロトニンの分泌と深く関わりがあると言われています。


うつ病までいかなくても、「何だか今日はやる気がでないなあ」とか「今日は朝起きてから調子がいまいちだなあ」とか思うことは誰しもあるかと思います。


そういったときは、日常生活でセロトニンを出す行動をしているかどうか、振り返ってみてください。


セロトニンとは?


セロトニンは「やる気ホルモン」とも呼ばれることがあり、脳内の伝達物質の一つです。


以下のような行動でセロトニンの分泌量を増やすことができるといわれています。


1:適度な運動

適度な運動によりセロトニンの分泌量が増えます。中でも適度な有酸素運動が効果的ともいわれています。ランニングや水泳などがこれに該当しますが、午前中の軽い散歩でも効果はあります。


2:バランスのとれた食事

セロトニンの分泌はトリプトファンという必須アミノ酸の摂取に影響されています。

トリプトファンは人間の体内で分泌することはできないので、食事から摂取する必要があります。

カツオやマグロ、乳製品、納豆、バナナなどに多く含まれています。

またトリプトファン以外にもマグネシウムやビタミンB6を多く含む食品もセロトニン生成に関与しています。


3:睡眠

きちんと深い睡眠を取ることで、セロトニンがしっかりと分泌されます。

睡眠不足だと翌日イライラしやすい経験などありませんか?

これはセロトニンが足りなくなっている証拠です。

注意点として、アルコールを摂取すると入眠ははやくなることがありますが、眠りの質は悪くなります。そうするとセロトニンもしっかりと分泌されません。

アルコールは控えめにして、しっかりと寝るようにしましょう。

56回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

培養上清液点滴について

そもそも培養上清液とはなにか? 培養上清液とは、ヒトの幹細胞を培養した際の上澄み液を抽出したものを指します。 そこには、様々なサイトカイン・ケモカインが含まれており、時には500種類以上のペプチドが含まれることもあります(培養条件により、数値は変動いたします) 培養上清液にはどういった効果があるのか? 培養上清液の効果としては、以下のようなものがあると言われています。 皮膚の再生速度を整える 皮膚

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。 2020年はコロナの一年でした。 コロナで自宅にいる時間が増え、気軽に運動などストレス発散ができなくなった人も多いかと思います。 家族間の不和が増えた、仕事での意思疎通が上手く図れない、といった悩みを一人で抱え込んでいませんか? 心理学からのアプローチ、精神医学からのアプローチで、思考を整理し、ポジティブに考えることができるようになります。 本年度もよろしくお願い