検索
  • akahori6

培養上清液点滴について

更新日:2月3日

そもそも培養上清液とはなにか?

培養上清液とは、ヒトの幹細胞を培養した際の上澄み液を抽出したものを指します。

そこには、様々なサイトカイン・ケモカインが含まれており、時には500種類以上のペプチドが含まれることもあります(培養条件により、数値は変動いたします)


培養上清液にはどういった効果があるのか?

  1. 培養上清液の効果としては、以下のようなものがあると言われています。

  2. 皮膚の再生速度を整える

  3. 皮膚の再生を促す

  4. 毛髪の成長速度を促す

  5. 二日酔いをしにくくなる

  6. 肝機能を改善させる

  7. 疲れにくくなる

培養上清液を用いた治療は、まだまだ未知な部分も多いですが、現時点(2020/2/1時点)では深刻な副作用の報告はなく、幹細胞治療でよく指摘される「ガン化」といった可能性も非常に低く、安心して治療を受けていただく環境が整いつつあります。


培養上清液の法的側面

日本国内では幹細胞が含まれている製剤は「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」という法律が適用され、その治療は「第2種再生医療等」という分類になります。

(厳密にいうと、他人からの幹細胞を用いる場合は第1種再生医療等という分類となり、それ以外の自分からの幹細胞を用いる場合に第2種再生医療等という分類となります)

しかし、これらの枠組みの他に、「幹細胞上清液」を使った治療というものがあり、これには幹細胞が含まれませんので、上記法律に縛られません。





44回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。 2020年はコロナの一年でした。 コロナで自宅にいる時間が増え、気軽に運動などストレス発散ができなくなった人も多いかと思います。 家族間の不和が増えた、仕事での意思疎通が上手く図れない、といった悩みを一人で抱え込んでいませんか? 心理学からのアプローチ、精神医学からのアプローチで、思考を整理し、ポジティブに考えることができるようになります。 本年度もよろしくお願い